録音もOK--日本や世界のラジオストリーミング放送が聴けるアプリ「TuneIn Radio」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TuneIn Radio Pro
価格: 1000円(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:TuneIn
  • カテゴリ:ミュージック

 TuneIn Radioは、NHKラジオ第1・第2放送を含め、日本国内のコミュニティFMや、全世界のラジオのストリーミング放送が聴けるラジオアプリ。無料のTuneIn Radioがあれば放送を楽しめるが、TuneIn Radio Proなら、聴取中の放送を録音することもできる。

 TuneIn Radio Proの基本的な使い方は、聞きたい番組を検索して聴くというごく簡単なものだ。気に入った番組があれば、番組をフォローすると、プロファイル画面にフォローした番組が表示されるので、次回以降もアクセスしやすくなる。フォローしている番組の現在の情報は、ホーム画面に表示される。

  • 聞きたい番組は、ブラウズ画面で検索するか、カテゴリを選択して番組一覧を表示し、好みの番組を選択する

  • エクスプローラ画面では、お勧めの番組が表示される

  • ホーム画面には、フォローしている番組の最新情報が表示される。曲が流れている場合は、その曲の情報も表示される

 番組を録音する場合は、TuneIn Radio Proを起動した状態で画面に表示していなければならない。録音中に画面がロックされると録音が中断されるので、ロックされないように設定しておく必要もある。録音を開始するには、番組の再生画面を表示し、画面左下にある赤いアイコンをタップする。録音を停止するには、画面下部の右から2番目にある四角いアイコンをタップする。録音した放送は「録音済み」画面で確認できる。録音済みのファイルは、TuneIn Radio Pro内でのみ再生でき、アプリの外部に取り出すことはできない。

 録音タイマーを設定する場合は、画面上部中央付近にあるリスト形式のアイコンをタップすると表示されるメニューから「アラームを設定/録音タイマー」を設定する。タイマーを設定した時間になると通知が表示されるので、その時点でTuneIn Radio Proを起動する必要がある。録音中は、iPhoneで他の操作ができないのは不便だ。電話がかかってきてそれに出なければならないなら、なおさらだ。おやすみモードにしておくなど工夫が必要になる。

  • 再生中の番組の録音タイマーの設定や、スリープタイマーの設定を行うためのメニュー。設定が分かりにくい場所に隠れている

  • スリープタイマーの設定画面。一度設定したスリープタイマーを解除するには、わざわざ「キャンセル」を選択する必要がある

  • 録音タイマーとしてタイマーを使う場合は、「録音する」を必ずオンにしておく。放送時間より1分ほど前から録音されるように設定しておくと良い

 筆者は、NHKラジオ第2放送の語学番組を、タイマー録音してみた。録音自体はうまくいくが、番組名が正しく表示されず録音済みファイルのタイトルを変更することもできないので、ハングル講座を録音したはずなのにスペイン語講座と表示されていて、少々気持ち悪い。だが、使えないことはない。その他のチャンネルで、音楽番組を聞いている時は、正しい曲名が表示されるので、NHKラジオ第2放送側の問題かもしれない。

  • 録音済みファイルの一覧画面。ファイルを削除するには、タイトルを左にスワイプする

  • ラジオ聴取中の画面。画面上部には、録音した番組を再生中に10秒戻るボタン、情報共有ボタン、詳細設定メニュー表示ボタンなどが並び、画面下部には、録音・再生に関するコントロールボタンが並ぶ

 ラジオを聴くのは無料版でも十分かもしれないが、iPhoneが余っているのでラジオ専用機にしようとか、不便はあっても録音機能が使いたいという場合はTuneIn Radio Proはお勧めだ。

>>TuneIn Radio Proのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加