logo

LinkedIn、モバイルアプリを改良--プロフィールが効率よく閲覧可能に

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高森郁哉 (ガリレオ)2014年07月30日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロフェッショナル向けソーシャルネットワークのLinkedInは、モバイル機器での表示方法を改良した。今後は、ユーザーのプロフィールに対してより関連性が高いと同社が考える情報が表示されることになる。

 LinkedInは、ユーザーらが迅速にお互いを知ることを支援する取り組みの一環として、同社のサービスにおけるプロフィールの見せ方を再構築したと述べた。

 特に、同社はモバイルアプリで、ユーザーの持ち時間に基づく3つのケースに合ったプロフィールの表示方法をデザインし直した。1件で5秒しか使えない人なら、トップ画面だけを読むので、LinkedInは、相手の名前の隣にユーザーとの共通項、たとえば同じ学校に通ったことや、似たような人脈があることなどを表示する。

 1分を使える人は、おそらく画面をスクロールして相手の仕事と関心事について読み始めるだろう。5分を使えるなら、もう少し掘り下げて、相手の仕事の履歴をクリックし、その人がどのような仕事をしてきたかを読むだろう。

 自分のプロフィールにあまり多くの情報を載せていない人なら、LinkedInのアプリはその世話もしてくれる。さらに情報を追加して、プロフィールを更新するように促すのだ。同社によると、たとえばユーザーがどの地域で学校に通ったかを載せると、そのプロフィールに反応する人数が劇的に増えるという。

 もう1つの重要な機能は、他のユーザーがサイト上でどのようにして自分を見つけたかを、LinkedInが教えてくれるというものだ。ユーザーがモバイルアプリの「Who's Viewed Your Profile(あなたのプロフィールを見た人)」のセクションをチェックすると、たとえば誰かが検索でそのユーザーを探したかどうかを知ることができる。

 LinkedInは、これらの新機能を最初にモバイルデバイス向けにリリースするが、いずれはウェブサイトにも拡大する予定だと述べた。

提供:LinkedIn
提供:LinkedIn

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集