logo
ものづくりを加速させる「3Dプリンタ」

世界初3Dプリンタで造形された量産品ヘッドホン--高音質と光沢に挑む - (page 2)

加納恵 (編集部)2014年08月01日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 磨き加工の工程サンプル。右が初期段階

 一方、プロポックスには表面の滑らかさを表す面相度を上げるために力を貸していただきました。プログラムを組んでいただく段階で、できるだけ面相度も上げていただいたのですが、どうしても磨き工程は必要になります。通常そのまま磨くと表面にシワが残ってしまって、ツヤっとした見た目にはなりません。

 研磨にもいろいろな方法があるんですが、今回は化学研磨といって、溶液に浸し化学反応によって、表面を溶解する研磨方法を取りました。溶液の中に何を入れればよいのか、組み合わせはどうするのかをとにかく延々と繰り返して、細かいノウハウを積み重ねることで、ここまで光らせることができました。

 その辺りのノウハウは特殊技能がないとできないので、この輝きはプロポックスがいなければ実現できませんでした。

--企画段階から商品化までどのくらいかかりましたか。

 1年半くらいですね。LAB Iに関しては、3Dプリンタで量産すると考えた時に、そんなにすぐにはできないだろうと思っていたので、商品化までの期間を設定せずに取り組んでいました。最初の段階からかなり時間はかかるだろうなと覚悟していたのですが、それでも途中かなりしんどい時期がありましたね。

 やはりはじめてのチャレンジなので、いくら条件を変えてもうまくいかない部分がどうしても出てきました。形はできても商品化する品質には至らなかったり、イヤホンとして必要な精度が出なかったり。また品質が均一にならずばらつきが出た部分も難しかったです。

秘密はゼロ、繰り返しトライすることで完成にこぎつける

--その辺りの課題はトライアンドエラーで解消していかれたのでしょうか。

  • LAB I完成品。磨き工程で培ったノウハウはほかのモデルにも生かされている

 そうです。秘密はなくて、組み合わせ変えたり、時間を変えたり、とにかく延々繰り返しました。微調整ですむ問題もありましたし、アイデアをもう一回出し直すこともあった。とにかく何度も繰り返すことで、商品化できました。

 実は8割程度までは、なんとか完成品に近づけることができたんです。ただその後の2割がすごく長かったですね。筺体を光らせたり、平滑にできる部分はなんとか出来たのですが、そこから商品として出せるレベルに持っていくのが大変でした。傷をなくす、精度を上げるという最後の仕上げがものすごく難しかったですね。

 辛い思いもしましたが、商品化すると決めていましたので、そこに向かってなんとか乗り越えました。商品として発売する目標がなければ辛くてできなかったと思います。

--1つ作るのにかかる時間とコストを教えて下さい。

 時間は3~4時間程度です。今回はトライアンドエラーを繰り返したので、コスト面ではかなり高いものになってしまいました。今後は今よりは安くなると見ています。

 ただ、3Dプリンタを使うと低コストにできるとは思っていなくて、むしろ魅力があるのは3Dプリンタにしかできない形状のものが作れる部分です。また最初の段階を3Dプリンタで作って、その後量産という方法は今後増える可能性がありますね。

 3Dプリンタは安く、簡単にできるよりも、少量でいいものを作る時には使っていけるツールなのではないでしょうか。一部分だけ3Dプリンタで作ったパーツを採用するなど、適材適所で使えば非常に優れた使い方ができると思っています。台数を増やすことはあまり狙っていなくて、より新しいもの、今までになかったものを3Dプリンタを使って作りたいです。

--3Dプリンタで商品化することでどんなメリットがありましたか。

  • 3Dプリンタの出力サンプル。手作りでもできないような一体成型ができることが魅力という

 ほかのモデルでうまくいかなかったものを、LAB Iで培った技術を使って完成させることができました。やはり表面処理の部分なのですが、ツヤを出すことが難しくてあきらめかけていたんですが、私たちの表面処理能力が進歩したので、今まで無理だったものも処理できるようになりました。これは思わぬ副産物ですね。

 あとは、次の商品へのいろいろな可能性が出てきたことですね。最初に予定していたわけではないのですが、ここを活用すればあんなことができる、こうすればもっとよくなるなど、次への種がたくさん生まれました。

--3Dプリンタを使った新商品の計画は。

 もちろん考えています。3Dプリンタは手作りでもできなかったものを作れる可能性を秘めています。これはヘッドホンの音作りにとっていいことがたくさんある。そうした新しい作り方を盛り込んだ新モデルを作りたいです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]