logo

ヤフー、「ビッグデータ」で米トレジャーデータと提携

井指啓吾 (編集部)2014年07月25日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは7月25日、クラウド型データマネジメントサービス(DMS)を提供する米トレジャーデータと、法人向けビッグデータビジネス領域で業務提携することを発表した。企業のビッグデータを収集して保管し、短時間で分析できるクラウド型のビッグデータ分析基盤ソリューション「Yahoo!ビッグデータインサイト」を月額定額制で提供する。

 トレジャーデータのクラウド型DMS「トレジャーデータサービス」を用いたもので、企業ごとに独自に構築・運営してきたHadoopなどの分散処理プラットフォームなどに比べ、低価格で高速かつ容易にデータを分析できるという。

 クラウドサービスは、ヤフーのグループ企業でITインフラを提供するIDCフロンティアのものを採用。そのため、国内の企業に対して日本のデータセンターからサービスを提供できる。

 この業務提携は、ヤフーのビッグデータ活用を核としたマーケティングソリューション事業の取り組みのひとつ。今後、さまざまな業界の企業がYahoo!ビッグデータインサイトを導入できるよう、主要な業界ごとに特化したソリューションを開発していく計画だ。

-PR-企画特集