2万5000番組以上が聞けるラジオアプリ「Stitcher Radio」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Stitcher Radio for Podcasts
価格: 無料(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Stitcher, Inc.
  • カテゴリ:ニュース

 Stitcher Radioは、2万5000番組以上のインターネットラジオとポッドキャストを、ストリーミングで聞けるラジオアプリだ。iPhone、iPad、AndroidではStitcher Radioアプリで、PCではWebブラウザで利用できる。番組を聞くためには、ネットに接続している必要があるが、iPhoneに音声をダウンロードしないので、iPhoneの容量を圧迫しないで済む。

 トップページのヘッドラインニュースからカテゴリを選択して聞くこともできるが、好みの番組をプレイリストに登録して楽しむことも可能だ。ただし、カテゴリ別の一覧から探そうとすると英語の番組が優先して表示されるので、日本語の番組を探す場合は、「japan」などのキーワードで検索するといい。聞いている番組については、コメントを入力したりSNSで他の人と共有したりして拡散できる。

  • 番組名が分かっているときは直接目的のキーワードで検索すればいいが、検索されないことがある。そのような時は、キーボードの「検索」キーはタップせず、検索ボックス内でカーソルが点滅している状態で少し待つと、検索結果が表示される

  • エピソードの共有画面。Facebookへのログインは、コメントを残す時にも求められる

 プレイリストの他に、番組を選択すると表示される画面で「LISTEN LATER」をタップすると、LISTEN LATER(後で聞く)リストに追加される。朝、気になるニュースをピックアップして、通勤時間など時間のあるときにまとめて聞く、といった使い方ができる。ストリーミングで聞けるのが利点だが、オフラインでも聞くことはできる。プレイリストまたはLISTEN LATERリストの設定で、「Available Offline」をオンにすると、各番組の最新エピソードがiPhoneにダウンロードされる。

  • Stitcher Radioを起動したら、聞きたいエピソードを選択して「LISTEN」をタップする。後で聞く場合は「LISTEN LATER」をタップする

  • 画面左上のアイコンをタップすると表示されるメニュー。プレイリストや後で聞くリストには、メニューからアクセスする

 番組の再生機能も充実している。スリープタイマーでは、15、20、30、45、60、90、120分単位でタイマーを設定することができる。再生速度は、1.5倍、2倍、1/2倍の速度の範囲で変更可能。ただし、使用してみたところでは、1/2倍では遅すぎて、何を言っているのか余計に分からなくなった。さらに、車のアイコンをタップすると、カーモードになり、画面全体がボタンという、操作しやすいユーザーインターフェースに変わる(しかしながら、iPhoneを操作するときは必ず車を停めてから行う必要がある)。最初に選択した番組の再生が終了すると、自動的に次の番組の再生が始まる。

  • エピソード再生中は、共有やメッセージのアイコンが表示される。画面下部のツールバーを上部にスワイプすると、その他の再生機能が表示される

  • 再生オプションが画面下部に表示される。再生速度の変更や、スリープタイマーの設定などを行うことができる

  • カーモードの画面。再生/停止、30秒スキップボタン、次のエピソードへのスキップボタンなどが、画面前面に表示される

 無料版では広告が表示されるが、600円/3カ月の「STITCHER PLUS」に申し込めば、広告が表示されなくなる。プレミアム機能については、今後、広告フリー以外の機能も追加される予定だという。

>>Stitcher Radioのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加