LG、新次元の4K画質へ--ハイエンドモデル含むUBシリーズを発表

加納恵 (編集部)2014年07月15日 18時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LGエレクトロニクス・ジャパンは7月15日、4Kテレビ3シリーズ4機種を発表した。ハイエンドモデルには超高画質エンジン「Tru 4K Engine Pro」を初搭載する。

  • 「65UB9800」

 発表されたのは65V型の「65UB9800」(想定税別価格:60万円前後)、55V型の「55UB9500」(同:40万円前後)、「55UB8500」(同:30万円前後)、49V型の「49UB8500」(同:25万円前後)の3シリーズ4機種。いずれも7月下旬に発売する。

 65UB9800は、初搭載となるTru 4K Engine Proと4K IPSパネルを組み合わせ、新次元の高画質を実現したとのこと。HDMI 2.0規格に準拠した4K/60p信号、著作権保護規格のHDCP 2.2に対応し、本体にはH.264/HEVCも内蔵した最新の4K仕様となっている。

 UB9800、UB9500シリーズには、harman/kardonとの共同開発によるサウンドシステムを備え、クリアな人の声と、迫力ある重低音を再現。65UB9800には、70Wの3ウェイ10スピーカを採用する。

 いずれもあらゆるコンテンツを自由に行き来しながら操作できる「webOS」を搭載。インターネットからテレビ番組までシームレスな操作性を提供する。

 独自の「マジックリモコン」を同梱し、ポイント&クリックや音声認識で操作できるほか、指を軽く動かすだけで音量調整やチャンネル変更、入力切り換えなどができる「フィンガージェスチャー」も搭載する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加