パイオニア、多チャンネル同時高出力を実現したAVアンプ--「Dolby Atmos」対応も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは7月10日、「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載し、サラウンドフォーマット「Dolby Atmos」にファームウェアアップデートで対応可能なAVアンプ「SC-LX58」を発表した。9月上旬に発売する。税別価格は17万8000円。

  • 「SC-LX58」

 SC-LX58は、9チャンネル同時ハイパワー出力が可能なClass Dダイレクト エナジーHDアンプを搭載。低ジッターでD/A変換ができる、ESSテクノロジー製のD/Aコンバータ「SABRE 32bit Ultra DAC」を全チャンネルに採用することで、高音質かつハイパワー出力を実現した。

 ファームウェアのアップデートにより、最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」に対応。独自の「MCACC Pro」を用いることで、周波数と音圧レベルに時間軸を加えた、理想的な音場調整を実現するという。

  • リアパネル

 HDMI 2.0規格に対応したHDMI端子を装備し、4K映像信号をそのまま伝送する「4Kパススルー」機能と、SD/HD映像を4K映像に近づける「4Kアップスケーリング」機能を搭載した。

 ネットワークやUSB経由によるDSD Direct 5.6MHz音源の再生が可能で、WAV/FLACの192kHz/24bit高音質フォーマットや、FLAC/WAVのマルチチャンネルコンテンツなど、ハイレゾリューション音源を再生できる。

 AirPlayに対応し、iTunesライブラリの音楽をネットワーク経由で再生可能。Android端末内の3D動画やフルHD動画、最大7.1chマルチチャンネル音源をテレビの大画面で楽しめる、MHL2対応の入力端子も装備している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加