logo

「iPhone 6」、バッテリ性能が改善か

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年07月08日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 6」は、充電1回あたりのバッテリ持続時間が「iPhone 5S」と比べて長くなる可能性があると報じられている。

 最近の報道によると、Appleが2種類の新しいiPhoneをリリース予定であるとされており、1つが4.7インチ、もう1つが5.5インチの画面を備えるという。そして、4.7インチのモデルは、バッテリ性能がiPhone 5Sと比べて15%向上するという。AppleInsiderが、中国の技術系サイトIT168の報道を引用して報じている。

 バッテリ性能は、スマートフォンユーザーに最も多い不満の1つだ。

 IT168の報道が正しいとすれば、4.7インチのiPhoneでは1800mAhのバッテリが採用され、薄さは維持されるという。最近のうわさでは、次期iPhoneはこれまでのモデルよりも薄型となるとされている。5.5インチのiPhone 6のバッテリは2500mAhで、バッテリ性能がiPhone 5Sから60%向上するとAppleInsiderは伝えている。

提供:Ciccarese Design
提供:Ciccarese Design

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集