ヤマハ、Wi-Fi内蔵の7.1chAVアンプ--777台限定のチタンモデルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは7月7日、4K/60p映像対応のHDMI端子や、ハイレゾ音源再生機能を搭載した、Wi-Fi内蔵7.1chネットワークAVアンプ「RX-V777」を発表した。7月下旬に発売する。税別価格は8万8000円。通常商品のブラックに加え、国内向けにチタンカラーを777台限定で用意している。

  • 「RX-V777」

 RX-V777は、4K/60p映像信号のほか、フルHD映像や7.1chマルチチャンネル音声の伝送が可能なMHLに対応した、6入力/2出力のHDMI端子を搭載。HDMIケーブル1本で接続できる「オーディオリターンチャンネル(ARC)」にも対応している。

  • リアパネル

 「Wireless Direct(ワイヤレスダイレクト)」機能を搭載し、無線LANの環境がなくても、AirPlay、HTC Connectなどが可能。専用アプリ「AV CONTROLLER」からワイヤレス音楽再生の操作ができる。

  • 左からチタン、ブラック

 WAV/FLACの192kHz/24bitに加え、Apple Losslessの96kHz/24bitのハイレゾ音源再生に対応。ギャップレス再生にも対応し、ライブ演奏やクラシック音楽などで発生する、曲間の音の途切れを解消した。

 左右メインスピーカの上部に設置したプレゼンススピーカにより、立体的なサラウンド空間を再現する「シネマDSP<3Dモード>」を搭載。さらに、リアスピーカをフロント側に設置してバーチャル再生の臨場感を高める「Virtual CINEMA FRONT(バーチャルシネマフロント)」も備える。後方にスピーカを設置できない環境でも、7.1chサラウンド再生を体験できるという。

 そのほか、別の部屋にあるテレビやホームシアターでも、本体と同じコンテンツを楽しめる「ゾーンB対応HDMI出力」や、アナログレコードプレーヤーが接続できるMM対応フォノ入力、コンポーネント映像2入力/1出力などを装備している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加