アップル、場所に応じてロック解除方法を変更する機能を特許出願

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一 (ガリレオ)2014年07月07日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンのロック機能はたいていの場合必要不可欠と考えられているが、面倒に感じることもある。自宅でぶらぶらしているときや車の中にいるときには、コードを入力することはもちろん、指紋スキャナを使う新しい解除方法でさえおっくうかもしれない。

 どうやら、Appleはこの問題について検討しているようだ。米特許商標庁(USPTO)が米国時間7月3日に公開したAppleの特許出願書類では、ユーザーのいる場所を感知してスマートフォンのロック解除コードを変更するという、スマートロックとでも呼べる機能について詳しく説明している。

 このアイデアは、「iPhone」がユーザーのよくいる場所(自宅、職場、車の中など)をGPSや既知のWi-Fiネットワークによって把握できるようにするというものだ。そして、スマートフォンのロックを解除するためのセキュリティレベルがシステムによって調整される。たとえば、自宅ではたぶんパスコードが不要になり、食料品店などユーザーがよく行く場所では、指紋やシンプルなコードが使われるだろう。一方、自宅から遠く離れた場所や人混みの中では、ロックを解除するためのセキュリティレベルを高くすることが必要になる。

 「ユーザーの自宅や職場など、一部の場所は本来保護されていると思われるため、こうした場所は『安全』だと考え、それほど厳密なセキュリティを要求しなくてもいいだろう」と、Appleは特許出願書類の中で述べている。「モバイル機器が安全な場所にある場合は、セキュリティの要件を下げることが望ましいと考えられる。反対に、リスクが高く『安全でない』と考えられる場所もある。こうした場所では、より強固なセキュリティ保護機能を適用することが望ましいだろう」(特許出願書類)

提供:US Patent and Trademark Office
提供:US Patent and Trademark Office

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加