Xiaomi、2014年上半期のスマホ販売台数が2610万台に--前年同期比271%増

Francis Bea (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2014年07月03日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小米科技(Xiaomi)は、同社が2014年上半期にスマートフォンを前年同期比271%増の2610万台販売したことを発表した。Xiaomiが2013年通期で販売したスマートフォンは1870万台だった。このままいけば、2014年の販売台数は2013年の2倍以上になりそうだ。

 中国政府の工業情報化部によると、同国における2014年上半期のスマートフォン出荷台数は前年同期比24.7%減のわずか1億台に落ち込んだとのことだが、Xiaomiは、スマートフォン出荷台数の低迷を示す数々の報告を覆す実績を達成した。

 2014年第1四半期において、Xiaomiはスマートフォン出荷台数全体の11%を占め、今や中国で第3位のスマートフォンメーカーになった。

 Xiaomiは2014年末までに6000万台、そして2015年までに1億台ものスマートフォンを出荷する見込みだと予測している。

 Xiaomiは最新の発表の中で、2014年上半期の売上高が前年同期比で149%増加し、330億人民元(約53億1000万ドル)に達したと述べている。ただし同社は、黒字を達成したかどうかについては明らかにしていない。

写真にある「Redmi Note」のようなXiaomi製端末の売れ行きが好調だという。
写真にある「Redmi Note」のようなXiaomi製端末の売れ行きが好調だという。
提供:Aloysius Low/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加