logo

アップル、写真編集アプリ「Aperture」の開発を終了--アドビは移行支援へ

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2014年06月30日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華々しくリリースされたAppleの写真編集および管理アプリケーション「Aperture」が静かに消えていこうとしている。The Loopによると、AppleはApertureの開発終了を正式に発表したという。

 既に報じられた通り、AppleはWorldwide Developers Conference(WWDC)2014で、クロスプラットフォームの新しい画像編集および管理ソフトウェア「Photos」を発表しており、その時点でPhotosは明らかに「iPhoto」を置き換えようとするものだった。だが、少なくとも発表時のデモを見るかぎり、Photosアプリは消費者向けでモバイル中心の性格が強く、必ずしもプロ向けではないようだ。Appleが写真に関する戦略を集約しようとするのは理にかなっている。ただし、AppleはThe Loopに対して、「『Logic Pro』や『Final Cut Pro』など他のプロ向けアプリ開発は継続する。これらのアプリカテゴリにおけるプロフェッショナルは、自らが利用しているアプリについて心配する必要はない」と約束している。だが、言葉よりはるかに重要なのは行動だ。筆者が思うに、Appleは徐々にプロフェッショナルユーザーベースから抜け出そうとしている。

 「Final Cut Pro X」をめぐる問題から今回の件に至るまで、Adobe SystemsはAppleに絶好の機会を与えてもらった格好だ。Adobeはすぐさまこのニュースに飛び付き、iPhotoとApertureの顧客が「Creative Cloud」に移行できるよう支援を申し出た。

 Apertureは、少なくともリリース時点ではプロの写真家コミュニティーで人気を博していたが、アップデートが行われないまま数年が経過する中で、その後に登場した、より高度なツールを提供する「Adobe Photoshop Lightroom」に徐々に道を譲ることになっていた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]