logo

ドコモ、M2M機器用「eSIM」を提供へ--海外の通信事業者でも使用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月27日、通信機能を搭載する車両や建設機械などのM2M機器に組み込むSIMカードとして、ドコモの電話番号だけではなく海外通信事業者の電話番号も書き込める「eSIM」を、法人向けに6月30日から提供すると発表した。

  • 従来と比較したeSIM

 eSIMを導入することで、製造時に1種類のSIMを組み込むだけで、海外通信事業者の電話番号を書き込むことが可能になるという。これまでは、世界各国にM2M機器を販売する企業が、機器の通信のために海外の通信事業者の回線を利用する場合、機器の製造時に各通信事業者が提供する専用のSIMを組み込んでいる必要があった。

 部品の共通化により、企業の製造や在庫管理の効率が向上することが期待できる。またM2M機器を利用する国を変更する場合、新たに利用する国の電話番号を同一のSIMで利用できるようになるため、運用の利便性も向上するという。

  • eSIMの仕様と外観

 ドコモによると、今回発表されたeSIMは「docomo M2Mプラットフォーム」を利用する法人向けのソリューションとして提供。eSIMで利用できる海外通信事業者の回線については、今後海外通信事業者との間で協議を進めていくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]