logo

オンキヨーとパイオニア、ホームAV事業で資本業務提携

加納恵 (編集部)2014年06月24日 15時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーとパイオニアは6月24日、ホームAV事業における資本、業務提携で基本合意したと発表した。両社のホームAV事業の機能の一部を統合する。

 今回の資本、業務提携は、オンキヨーとパイオニアに、香港の未公開株ファンドのBaring Private Equity Asiaの3社にて基本合意に達したもの。パイオニアの100%子会社であるパイオニアホームエレクトロニクスの株式の一部はBaringとオンキヨーに譲渡される。

 譲渡後のパイオニアホームエレクトロニクスの出資比率はBaringが51%となり、残余については当事者間で協議の上決定される。

 オンキヨーとパイオニアは、アナログからデジタルへとオーディオ環境が移行する中、両社のブランド力や技術など経営資本を有効活用し、コスト競争力を向上させていくことが狙いとしている。

 パイオニアでは、5月にAV機器事業の売却を検討していると一部のメディアが報じており、その際売却先として船井電機の名前が挙がっていた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]