logo

「Nike+ FuelBand」アプリ、「Android」版がようやく公開

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2014年06月18日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツ用品メーカーのNikeは、リストバンド型フィットネストラッカー「Nike+ FuelBand」向けのアプリを、GoogleのモバイルOS「Android」にようやく対応させた。これにより、2012年のFuelBand発売から続いていた「iOS」との差がなくなった。

 「GALAXY S III」「GALAXY S4」「GALAXY S5」スマートフォンや、「Moto X」「HTC One」「Nexus 5」を持っているAndroidユーザーは、米国、カナダ、ドイツ、日本の「Google Play」ストアから、この英語版限定のアプリをダウンロードできるようになった。同アプリは「Android 4.3」(開発コード名「Jelly Bean」)以降に対応している。

 FuelBandはBluetooth LE(Bluetooth Low Energy:低消費電力版Bluetooth)を利用したデバイスで、ユーザーのスマートフォンと通信して、歩数、燃焼カロリー、Nike固有のワークアウト指標「NikeFuel」を追跡する。ただし、2012年のFuelBand発売時点で、多くのAndroid携帯端末はBluetooth LEに対応していなかった。そのためNikeは、このトラッカーのサポートをiOSに限定しており、iOSユーザーに好評だったFuelBandが多くのAndroidユーザーの怒りを買うことになった。

 Nikeは2013年、AndroidがBluetooth LEを標準でサポートしていないことが、FuelBandをこのプラットフォームから遠ざけている理由だと認めた。Nikeはまた、こうした独占の背後に同社とAppleの長年にわたる関係があるとのうわさを否定していた。


提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]