logo

オトバンク、オーディオブック・カードの店頭販売を拡大--エンタメ作品を中心に展開

佐藤和也 (編集部)2014年06月16日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オトバンクは、ワンダーコーポレーションが運営する郊外型複合書店「WonderGOO」の9店舗にて、6月14日よりオーディオブック・カードの販売を開始した。

 これは、店頭の雑誌やコミック売り場などにオーディオブック・カードを陳列し、利用者はカードをレジに持参。代金と引き換えにダウンロードURLの入ったカードを入手。購入後はパソコンやスマートフォンからURLにアクセスし、音源をダウンロードするというもの。なおダウンロードには、オーディオブック配信サービス「FeBe」の会員登録が必要となっている。

 オーディオブック・カードの店頭販売は、2013年11月よりWonderGOO守谷店にて実施。今回、茨城県の下館店、古河店、つくば店、ひたち野うしく店、千代田店、大穂店、守谷店、埼玉県の川越店、三郷店の計9店舗に拡大。さらに近日中にも、全国71カ所にある直営全店舗でオーディオブック・カードの販売を予定している。

 販売されるオーディオブック・カードは守谷店での反応を踏まえ、下田麻美さんや戸松遥さんといった人気声優が朗読するオーディオブックなど、エンタメ性の強いオーディオブックを中心に19作品を用意するとしている。

  • オーディオブック・カード

  • オーディオブック・カードの店頭展開

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]