logo

アマゾン「Kindle Fire HDX」の技術サポート機能、平均10秒未満で応答

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月16日 08時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Kindle Fire HDX」上で年中無休の24時間体制でオンデマンドの技術サポートを提供するAmazonの「Mayday」機能(米国と英国で提供)が、ユーザーの人気を集めている。

 Amazonは米国時間6月13日、Kindle Fire HDXタブレット所有者の4分の3が、MaydayボタンによるITサポートなどの顧客サービスを利用していると発表した。サポート要求に対するAmazonの平均応答時間は9.75秒だという。

 Amazonは2013年、Kindle Fire HDXにMayday機能を導入した。同社のKindle Fire HDXタブレットシリーズでは、端末上の「Mayday」ボタンをタップすることによって顧客サービスを受けることができる。同機能は、不要な電話に代わるものとして、Amazonの技術サポートによる問題解決を容易にすることを目的としている。ユーザーがアクセスを許可すれば、Amazonの技術サポートは必要に応じて端末を実際に操作して、ユーザーに入力を求めることなく問題を修正することができる。Amazonの技術サポートが画面を利用して、修正方法を順を追ってユーザーに示すこともできる。

 Maydayは当初、技術サポートがKindle Fire HDXを修正するための手段であると考えられていたかもしれないが、Amazonによると、それをはるかに超えるものだという。Amazonは13日の声明で、Amazonの技術サポート担当者に「Angry Birds」のレベルをクリアするのを手伝ってくれるように求めたユーザーがいたことを明かした。最高のピーナッツバターとジャムのサンドイッチの作り方を知るために、Maydayボタンを使ったユーザーもいたという。やり取りの中で、本当に技術的な問題でのユーザー支援もあったと願いたい。

 米CNETはAmazonにさらなる情報を求めているが、回答は得られていない。


AmazonのMaydayボタン
提供:David Carnoy/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]