logo

ドコモ、日本発売のテスラ電気自動車に通信回線を提供へ

藤井涼 (編集部)2014年06月10日 17時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月10日、イーロン・マスク氏が代表を務める米テスラモーターズが夏以降に日本に納車する電気自動車「モデルS」に、同社のデータ通信回線を提供することを発表した。また、国内外の通信回線を一元管理できる「docomo M2Mプラットフォーム」も提供する。

 テスラの販売するモデルSには、運転席に17型のディスプレイが搭載されており、高解像度地図によるカーナビゲーションや、ストリーミングミュージックなどのネットサービスを利用できる。この通信回線をドコモが提供するという。

 M2Mの通信パートナーとして選ばれたことについてドコモは、「圧倒的な通信ネットワークの広さや高層ビル群や山間部での通信の安定性、そして法人サポートの充実が高く評価された。またdocomo M2Mプラットフォームが国内外の通信回線の一元管理が可能であることも評価された」と説明している。


電気自動車「モデルS」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]