logo

シャープ、液晶テレビの第1歩1988年製液晶テレビがIEEEマイルストーンに

加納恵 (編集部)2014年06月10日 14時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 左からIEEE次期会長Dr.Howard E.Michel氏、シャープの高橋興三氏

 シャープは6月10日、1988年製のテレビ用14インチTFT液晶ディスプレイが、IEEEマイルストーンに認定されたことを受け、贈呈式を開催した。家庭用テレビをブラウン管から液晶に置き換えるなど、液晶産業の発展に大きく貢献したことが評価されたという。

 IEEEマイルストーンとは電気、電子、情報、通信分野において、開発から25年以上が経過し、地域社会や産業の発展に大きく貢献した技術革新を称える表彰制度になる。シャープでは2005年に「電卓の先駆的開発」、2010年に「太陽電池の商業化および産業化」でも受賞しており、今回が3件目の認定となった。

  • シャープ代表取締役社長の高橋興三氏

 シャープ代表取締役社長の高橋興三氏は「テレビ用14インチTFT液晶ディスプレイは、ディスプレイの歴史を変え、液晶産業の発展の礎となるまさにマイルストーンの名にふさわしい技術開発だ。当社は電卓、太陽電池でマイルストーン認定をいただき、今回は3件目。これは創業者早川徳次の『人に真似されるものをつくれ』というチャレンジ精神を受け継いで事業を展開してきたことを評価いただいたものと考えている」とコメントした。

  • 「テレビ用14インチTFT液晶ディスプレイ」

 テレビ用14インチTFT液晶ディスプレイは、3インチクラスのTFT液晶ディスプレイが主流だった1988年に、ブラウン管テレビに匹敵する画面サイズとフルカラー表示を実現したもの。これを機にTFT液晶の技術開発と生産設備への投資が加速したという。

 1990年代前半には、薄型かつ低消費電力のTFT液晶を採用したカラーノートPCが登場。その後、PC用モニタ、液晶テレビ、スマートフォンなど、TFT液晶を採用した製品が次々と創出された。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]