logo

PayPalのマーカス社長、FacebookのVPに--ザッカーバーグ氏の「ビジョン」が決め手

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月10日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PayPal社長のDavid Marcus氏が6月末に同社を去り、Facebookでモバイルメッセージングへの取り組みを統括することになった。

 Facebookの米国時間6月9日の発表によると、2年余り前にPayPal社長に就任したMarcus氏は、メッセージング製品担当バイスプレジデントとしてFacebookに入社する予定だという。Marcus氏はそのポジションで、「Facebookコミュニティーにより良いサービスを提供し、より多くの人々にリーチする素晴らしい新メッセージング体験の開発」に注力する。


David Marcus氏
提供:Facebook

 Marcus氏はLinkedInに投稿したメッセージの中で、eBay傘下のPayPalを去る決定を下したことについて詳しく説明した。同氏によると、PayPalは「強力な」製品パイプラインやモバイル決済企業Braintreeの買収、「有能な人材が再びPayPalに流れてきている」ことなどのおかげで、良好な状態にあるという。Facebookへの入社の最終的な決め手となったのは、同社最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏のモバイルメッセージングに対する「ビジョン」だとした。

 eBay広報担当のAmanda Miller氏によると、Marcus氏が6月末にPayPalを去った後は、恒久的な後任が任命されるまで、eBayのCEOであるJohn Donahoe氏が日々の業務を統括するという。

 Marcus氏は2011年、自身が経営するZongがeBayによって買収されたことでPayPalの一員となった。Zongは、ゲーミングやソーシャルネットワーキングを手がける企業向けのモバイル決済プロバイダーだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]