logo

ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」、その生き生きとした姿 - 19/23

井指啓吾 (編集部)2014年06月06日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Pepperのプラットフォームは「NAOqi OS」で、ソフトバンクでは初心者用の開発キット(SDK)を配布する予定。プログラミング言語の知識がなくても、自由自在にロボットを動かし、会話させるアプリケーションが開発できるという。なお、Python、C++などの言語にも対応しているため、ハイレベルな操作や開発も可能とのこと。開発環境の情報の詳細は随時発表される。

 Pepperのプラットフォームは「NAOqi OS」で、ソフトバンクでは初心者用の開発キット(SDK)を配布する予定。プログラミング言語の知識がなくても、自由自在にロボットを動かし、会話させるアプリケーションが開発できるという。なお、Python、C++などの言語にも対応しているため、ハイレベルな操作や開発も可能とのこと。開発環境の情報の詳細は随時発表される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]