logo

アップル、「OS X Yosemite」を発表--秋に一般向けリリース

Donna Tam Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月03日 08時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイルOSとPC用OSの連携を目指すAppleは米国時間6月2日、サンフランシスコで開催されている「Worldwide Developers Conference(WWDC)」において「Mac OS X」の最新版である「Yosemite」を発表した。

 同OSは外観が新しくなり、ツールバーが改良され、通知センター機能が追加され、ダークモードを装備すると、同社のソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるCraig Federighi氏は開発者らに述べた。また、「AirDrop」によるファイル共有、「iMessage」によるメッセージング、通話発信/受信機能によって、AppleのモバイルOSである「iOS」と同期するという。

 「総合的に、豪華でさらに便利な、OS Xの過去最高のバージョンである」と同氏は述べた。Federighi氏は、Dr. Dre氏に電話をかけて通話機能を披露した。Dr. Dre氏は、Appleによる30億ドルでのBeats Electronics買収に伴い、Appleに加わっている。

 開発者は2日からYosemiteにアクセス可能だが、同OSの一般向けリリースは2014年秋に予定されている。しかし夏には、パブリックベータプログラムを通して、開発者以外でも同ソフトウェアのテスト版に登録できる予定だ。

 Federighi氏は、「iCloud」との新しい同期機能や、電子メールで大容量ファイルを共有する手段である「Mail Drop」など、同システムの機能の概要を示した。また、「Safari」上のプラグイン不要の高速動画ストリーミングや、新しいタブ機能も披露した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]