logo

B-CAS不正視聴、第一審判決は損害賠償3億2590万円の全額支払い

加納恵 (編集部)2014年05月29日 16時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカパーJSAT、スター・チャンネル、WOWOWの3社が、東京地方裁判所に提起していたB-CASカードの不正視聴に係る民事訴訟において、5月29日に第一審判決が下された。被告3名に対し、3億2590万9127円の損害請求の全額支払いが言い渡された。

 有料放送を無料で視聴できるように不正に改ざんされたB-CASカードを販売した行為について、不正競争防止法違反の罪で有罪判決が確定した3名に対し、有料放送事業者3社が2月20日に民事訴訟を提起していた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]