logo

アップル「WWDC」の会場「モスコーンセンター」ってどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月2日、同社の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)2014」を開催する。ここでは、その会場となるモスコーンセンターとはどういう場所なのかを紹介する。

 モスコーンセンター(Moscone Center)は、カリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウンに位置する会議および展示用施設で、サンフランシスコ市郡が所有し、SMGが管理している。SMGは1977年、ルイジアナ州ニューオーリンズにある競技施設ルイジアナ・スーパードーム(現メルセデス・ベンツ・スーパードーム)を管理するために創設されている。

 モスコーンセンターは、モスコーンサウス、モスコーンノース、モスコーンウェストの3つの建物で構成されている同施設のウェブサイトによると、3つの建物を合わせた広さは20エイカー(およそ8万平方メートル)で、展示スペースは74万平方フィート(およそ6万9000平方メートル)におよび、会議室は106室になるという。

写真左に見えるのがサウスで、右に見えるのがノース。その奥にあるのがウェストだ。RSA Conference 2013で撮影。
写真左に見えるのがサウスで、右に見えるのがノース。その奥にあるのがウェストだ。RSA Conference 2013で撮影。

 このうち、サウスとノースには、展示用スペースのホールAからホールEまでがある。サウスは26万560平方フィート(およそ2万4207平方メートル)の展示スペース、1万9000平方フィート(およそ1765平方メートル)の会議スペース、4万2675平方フィート(3965平方メートル)のボールルームを備え、ノースは18万1440平方フィート(およそ1万6856平方メートル)の展示スペースを備える。

RSA Conference 2013で撮影。
サウスとノースを結ぶ地下通路。RSA Conference 2013で撮影。

 一方、WWDC 2014が開催されるのは、ウェストと呼ばれる建物だ。ウェストは3階建てで、2階と3階の会議スペースは10万平方フィート(およそ9290平方メートル)で、ロビー部分は2万8261平方フィート(およそ2626平方メートル)ある。基調講演が開催されるのは、3階にある「Presidio」と名付けられたスペースだ。

WWDC 2012準備中のウェスト
WWDC 2012準備中のウェスト
提供:James Martin/CNET

 「WWDC 2014」のウェブサイトを見ると、3階にはその他として「App Store Lab」や「Marina」などの名前を持つセッション用スペースが用意されている。同様に1階および2階には、セッション用スペースが複数ある。また、1階にはレジストレーション用スペース、さらにランチ用スペースも設けられている。

WWDC 2013基調講演開始前の様子
WWDC 2013基調講演開始前の様子
提供:Josh Lowensohn

 「WWDC 2014」は米国時間6月2日から6日まで開催され、2日には米国太平洋時間午前10時から基調講演が予定されている

WWDC 2013基調講演開始前の様子
WWDC 2013基調講演開始前の様子
提供:James Martin

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]