logo

簡単に翻訳できるAndroidアプリ4選--テキスト以外も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 外国人とメールや会話のやり取りをする、外国語のウェブサービスを利用する、レストランで外国語のメニューを見る――外国語に触れる機会は日常生活でも意外とあるもの。外国語が苦手という人にとっての強い味方といえば、外国語を日本語に自動翻訳してくれる「翻訳ツール」だ。最近ではテキストを翻訳するだけでなく、音声や写真を使って翻訳できるツールも登場しているので、いざという時の強い味方になってくれるはずだ。ここでは4つのアプリを紹介しよう。

70以上の言語を自動翻訳する「Google 翻訳」

  • 「Google 翻訳」

 翻訳ツールの定番といえるのが「Google 翻訳」。70以上の言語に対応しており、テキストを入力するだけでなく、手書きで文字を書いたり、音声で入力したり、カメラで撮影したりした内容を翻訳することも可能だ。翻訳した内容はテキストで表示するだけでなく、音声で読み上げてもらうこともできる。

>>Google 翻訳のダウンロードページ

電話の内容を翻訳して伝える「セカイフォン」

  • 「セカイフォン」

 言葉の通じない外国人と会話ができたら……という夢を実現できるのが「セカイフォン」。声で話した内容を翻訳し、その内容を相手に音声で伝えてくれるツールで、外国人の相手に直接電話をかけ、翻訳しながら会話をする機能を備えている。

>>セカイフォンのダウンロードページ

カメラで映し出した単語を瞬時に翻訳「Worldictionary Free」

  • 「Worldictionary Free- 外国語の学習ツール」

 外国の街中にある看板や、英文で書かれた書類などを見て、その意味を知りたい時に活躍するのが「Worldictionary Free- 外国語の学習ツール」。知りたい単語にカメラをかざすと、文字を自動的に読み取って瞬時に翻訳、その意味を知ることができる。翻訳した文字を記録し、ウェブサイトで検索することなども可能だ。

>>Worldictionary Free- 外国語の学習ツールのダウンロードページ

ウェブサイトを翻訳しながら閲覧「英語翻訳ブラウザ」

  • 「英語翻訳ブラウザ :英語サイトをサクサク読めるブラウザ」

 最も頻繁に目にする外国語といえば、やはり英語。その英語で記述されたウェブサイトを閲覧する時に便利なのが「英語翻訳ブラウザ :英語サイトをサクサク読めるブラウザ」。ウェブブラウザとして利用できるのはもちろん、翻訳したい箇所だけを選択してコピーするだけで、その内容の翻訳結果をすぐ表示してくれる。

>>英語翻訳ブラウザ :英語サイトをサクサク読めるブラウザのダウンロードページ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]