logo

Facebook、投稿の共有範囲を初期設定では「友達」に--新規ユーザーが対象

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年05月23日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの近況アップデートを間違って世界中に公開してしまったことがあるというユーザーに今回、より良い安全策が用意された。

 Facebookは米国時間5月22日、新規ユーザーを対象に、投稿の共有範囲の初期設定を変更した。これまでは一般公開に設定されていたが、友達のみに公開されるように変更された。

 Facebookでは、友達、自分のみ、公開の中から投稿の公開範囲を選択できる。公開というのは、Facebookにおいては多数の人を意味する。具体的には、「友達ではない人、Facebookを利用していない人、印刷物、放送(テレビなど)、インターネットの他のサイトなど(新旧両方の)異なるメディアからコンテンツを参照する人」を指す。

 新しい初期設定は、Facebookに新たに登録したユーザーに適用される。ただし、どのユーザーも、すべてのアップデートに適用するデフォルトの設定を変更したり、1つ1つのアップデートの公開範囲を個別に選択したりすることもできる。また、過去のアップデートの公開範囲を変更することも可能だ。

 Facebookはさらなる保護策として、新しいプライバシーチェックツールを発表した。今後数週間かけて提供開始される予定のこの新ツールにより、自分のアップデートを参照できるユーザーや自分が使用するFacebookアプリなどの設定を確認することができる。


提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]