logo

ヤフー、イー・アクセスの株式取得を中止--「ソフトバンクとの協議の結果」

井指啓吾 (編集部)2014年05月19日 15時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーとイー・アクセス、ウィルコムは5月19日、ヤフーによるソフトバンクからイー・アクセス株式の取得を中止すると発表した。

  • 株式の取得は3月27日に発表されていた

 3社によると、ヤフーとソフトバンクで協議を重ねた結果、「ヤフーがイー・アクセスを子会社化して自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、イー・アクセスはインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましい」との結論に至ったという。

 イー・アクセスとウィルコムは6月1日を効力発生日として合併し、社名をワイモバイルに変更する。ヤフーは新ブランド「Y!mobile」をワイモバイルと共同で展開する予定で、Y!mobileで実施する各種取り組みをソフトバンクモバイルで行うことも視野に入れ、ソフトバンクとの議論をこれから開始するという。なお、Y!mobileの具体的なサービス内容はまだ明かされていない。

 ソフトバンクでは、本取引の中止が2015年3月期の当社連結業績に与える影響は軽微だとしている。また、3月27日に発表した「本取引に伴い、2015年3月期の当社個別決算において、関係会社株式売却益として557億円が特別利益に計上される見込み」という点について、この特別利益は発生しないとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]