logo

[ブックレビュー]数字が意図的に利用されている?--「統計の9割はウソ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
徳間書店
詳細:単行本 / 245ページ / 徳間書店 / 価格:1296円 / 著者:竹内薫 / 発売日:2014/02/19 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.0cm×2.2cm / 重量:0.3 kg
内容:販売台数やシェアなど、数字で目にする情報は説得力がある。しかしその数字の裏にトリックが隠されているとしたら? 具体的な数字を例に挙げながら解き明かされる数字の裏側。
Amazon.co.jpアソシエイト

 統計として具体的な数字が提示されていると、「なるほど」と納得してしまいがちだが、その数値をうのみにしてしまって良いのだろうか? 正しいやり方で導き出された統計の数字は検討するのに値するが、世の中には「統計」という名の下に、数字が意図的に利用されている例が後を絶たない。数字に惑わされたり、だまされたりしないために、最低限のことは知っておきたいものだ。

 たとえば、営業先で自社の製品やサービスについてプレゼンをする時のことを考えて欲しい。プレゼンではなるべく自社のモノを良く見せようと思うだろう。「ユーザーの90%が満足しているという調査結果」や「ユーザー数が急増しているグラフ」などを載せたりするはずだ。それを考えれば、広告やCMで打ち出されている数字や新聞や雑誌に掲載されているグラフを、そのまま見たとおりに信じていいものではないことが分かるだろう。

 本書には、そうしたさまざまな数字のトリック、あるいはグラフのマジックの例がたくさん取り上げられている。本書を読めば、その数字やグラフの「何がおかしいのか」が分かるようになる。自分が統計を出す必要はなくても、この程度の知識は、知恵として身につけておきたいと思える平易な内容なので、統計に縁がない人でも、一度は目を通しておきたい。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]