logo

三者三様の“突き抜け方”--ソニー、デジカメ3機種を一挙に発表

加納恵 (編集部)2014年05月16日 19時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月16日、ミラーレス一眼カメラ「α7S」、一眼レフカメラ「α77 II」、高付加価値コンパクトデジタルカメラ「RX100 III」と3機種のデジタルカメラを発表した。

 α7Sは4月に米国で開催されたNAB 2014、α77IIは5月に英国ですでに発表されており、いずれも国内での発売日や想定価格などが明らかになった。加えて高付加価値コンパクトデジタルカメラとして1.0型の大型センサを搭載した「RX100 III」も投入し、3モデルが出そろった形だ。

  • 「α7S」

 α7Sは常用ISO100~10万2400、拡張50〜40万9600の高感度と4K動画撮影ができるミラーレス一眼カメラ。有効約1220万画素の35mmフルサイズ「“Exmor”CMOSセンサー」と画像処理エンジン「BIONZ X」により、高感度ながら低ノイズ撮影を実現する。

ソニー、超高感度&4K動画撮影が現実に--スペシャルチューニング機「α7S」

  • 「α77 II」

 α77 IIは、「79点位相差AFセンサー」を搭載した一眼レフカメラだ。トランスルーセントミラー・テクノロジーと組み合わせることで、高い被写体追従性能を実現し、1秒間に最高約12コマの高速連続撮影やフォーカスポイントから被写体が一時的にはずれても被写体を面で捉えて再びピントをあわせる「拡張フレキシブルスポット」などを搭載する。

ソニー、唯一無二のAF性能「α77 II」--動画も静止画も外さない、逃さない

  • 「RX100 III」

 RX100 IIIは、24-70mmの「バリオ・ゾナーT*」レンズを備えた、高付加価値コンパクトデジカメの最新鋭機。新たに「OLED Tru-Finder」を内蔵し、多彩な撮影スタイルに対応する。RX100シリーズは、今回のモデルを加え、全3モデルのラインアップとなった。

絶妙のボケ味と絶好の瞬間を切り取る--ソニー、RX100最新鋭機

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]