logo

グリーベンチャーズ、50億円規模の新ファンド--ゲーム以外に投資

藤井涼 (編集部)2014年05月16日 15時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーベンチャーズは、第2号となる新ファンド「AT-I投資事業有限責任組合」(AT-I)の1次募集を、約50億円のコミットメント総額で5月15日に完了したと発表した。主な出資者は、グリー、独立行政法人中小企業基盤整備機構のほか、クレディセゾン、エイチーム、みずほキャピタルなど。AT-Iでは夏を予定している2次募集に向けて、引き続き国内の機関投資家から出資を募る予定だ。

 グリーベンチャーズは2011年12月に設立後、約2年半で日本や東南アジアのスタートアップ800社以上にコンタクトし、13件の投資を行っているという。同社では、親会社のグリーの主要ビジネスであるゲームやコンテンツ事業ではなく、国内や東南アジアのネットビジネス全般を投資対象にしているという。

 新ファンドのAT-Iは、これまでのグリーベンチャーズと同様に、日本や東南アジア地域におけるコンシューマーインターネット、モバイルサービス、マーケティングテクノロジ、クラウドアプリなどの分野のベンチャー企業を中心に投資していくという。投資ステージは、起業したばかりの“シリーズA”ラウンドを中心とし、原則リード投資家として1社あたり約1~3億円を投資していくとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]