logo

3分で振り返る海外ITニュース(5月15日編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここでは、5月15日に報じられた主な海外ITニュースをまとめて紹介する。

マイクロソフト、12インチ画面の「Surface Pro」を準備中か

 米CNETがあるアナリストから入手した情報によると、これまでよりも大きな「Surface Pro」タブレットが登場するかもしれないという。現行の「Surface Pro 2」と「Surface 2」には10.6インチのディスプレイが搭載されている。Microsoftは米国時間5月20日にイベントを開催することを明らかにしている。

モジラ、「Firefox」でEMEをサポートへ

 Mozillaは先頃、「Encrypted Media Extensions」(EME)と呼ばれるウェブ標準を「Firefox」ブラウザに組み込むことに同意した。これは、Netflixなどのオンラインサービスが配信する、コピー防止が施された動画の利用を可能にするための対応だ。MozillaはこれまでEMEに反対してきたが、米国時間5月14日、EMEを採用すると発表した。EMEは広範に利用されるようになってきており、Firefoxが同テクノロジを採用しないとユーザーがほかのブラウザに乗り換えてしまうおそれがあるためだという。

グーグルの自律走行車に潜入!--気になる内部を写真でチェック

 Googleが米国時間5月13日、カリフォルニア州マウンテンビューの本社にほど近いコンピュータ歴史博物館でプレスイベントを開催した。イベントに出席した米CNET記者が、そこで見た自律走行車を写真で紹介する。

アップルのクックCEOと面会する権利、前回の半額強に下落

 Appleの最高経営責任者(CEO)で同社の未来を決める立場にあるTim Cook氏と上質な時間を過ごすチャンスが、2年連続でオークションにかけられた。ロバート・F・ケネディ正義人権センター(Robert F. Kennedy Center for Justice and Human Rights)の資金集めを目的とするものだ。しかし、Appleの食堂で同社トップのCook氏に話を聞いてもらうことの価値は、1年前と比べて少し下がったようだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]