logo

パイオニア、インテリアに溶け込むCDコンポ--Bluetoothによるワイヤレス再生も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは5月13日、スマートフォンからのワイヤレス再生に対応したCDミニコンポ「X-SMC01BT」と「X-CM32BT」の2機種を発表した。5月下旬に発売する。市場想定価格は、X-SMC01BTが2万3000円前後、X-CM32BTが2万円前後。

  • 「X-SMC01BT-W」

  • 「X-CM32BT-W」

 X-SMC01BTとX-CM32BTは、Bluetoothに対応し、スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー、PCなどの音楽をワイヤレス再生することができる。「Pioneer Wireless Streaming」アプリを使えば、スマートフォンに保存した音楽に好みのエフェクトを加えてアレンジしたり、曲のテンポを変えたりすることも可能だ。両機種ともにスマートフォンやiPhone/iPadを設置できる、本体カラーに合わせたスタンドが付属する。

 X-SMC01BTは、高さ218mm×幅430×奥行き114mmとスリムなデザイン。CDプレーヤー、アンプ、FMチューナ、スピーカを搭載した一体型になる。本体カラーはブラックとホワイトの2色で、それぞれ着せ替え可能なフロントパネル2枚を同梱する。ブラックモデルにはマットブラックとプレミアムレッド、ホワイトモデルにはクリアホワイトとシルキーピンクのフロントパネルを付属し、インテリアや気分によって着せ替えられる。

 X-CM32BTは、CDプレーヤー、FM/AMチューナ、アンプを一体化したレシーバー部とスピーカ部のセパレート構成。スピーカを横置きするとレシーバーの高さとそろえられ、縦置き、横置き、好みに応じて設置できる。本体カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブラウンの4色を用意。スピーカのグリルネットを外して使用することも可能だ。

 コンパクトながら、総合出力30W(15W+15W)のアンプに、口径9.4cmウーファーと口径5cmトゥイーターを搭載した2ウェイセパレートスピーカを搭載。低音と伸びやかな高音の再生を実現したとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]