logo

JVCケンウッド、彩速ナビゲーション用ヘッドアップディスプレイユニット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは5月13日、同社の「D-ILA」デバイスを採用した彩速ナビゲーション用ヘッドアップディスプレイユニット「HU-400X」を発表した。対応ナビゲーションの追加オプションとして、5月中旬より単体販売する。想定税抜価格は10万円前後。

  • 「HU-400X」取り付けイメージ

 接続対応機種は、2014年モデル「MDV-Z701W/MDV-Z701」、2013年モデル「MDV-Z700W/MDV-Z700」、2012年モデル「MDV-737DT」となる。

 D-ILAとは、LCOS(反射型液晶)方式による表示デバイスのこと。高精細かつ高コントラスト、高い色再現性を特長としている。今回発売するHU-400X向けに、小型化してHUDユニットに応用した。

 ルームミラー取り付け方式を採用し、幅広い車種への設置が可能。取り付け金具は2種類を同梱し、スライド機構も装備しているため、ルームミラーの各種サイズにも対応可能だ。光学ユニット/コンバイナを反転させることで、左ハンドル車へも対応する。

 サイズは、高さ91.5mm×幅282mm×奥行145mmで重量は240g、総画素数は約92万画素で、虚像サイズは7型となっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]