logo

デノン、3台同時接続で自在に使えるBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2014年04月25日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「envaya DSB-200」

 ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドからBluetoothスピーカ「envaya(エンバヤ) DSB-200」を発表した。57mmのフルレンジスピーカと100mmのパッシブラジエータを備え、迫力ある低音とクリアなサウンドを再生する。発売は5月下旬。想定価格は2万3000円前後になる。

 Bluetooth 3.0を採用し、オーディオコーデックはSBC、AAC、apt-Xに対応。最大8台までのBluetooth機器を登録できるほか、3台の機器を同時に接続できるマルチポイント機能を備える。これによりスマートフォンから音楽を再生、タブレットから動画を再生、PCからインターネットラジオを再生といった環境を、瞬時に切り替えて使用できる。

 高音質化技術「MaxxAudioテクノロジー」により、低音域と高音域それぞれのバランスを補正し、クリアで広がりのあるサウンド再生を実現。本体下部にはラバーフットを設けることで、不要な振動も抑制できる。

 サイズは高さ141mm×幅255mm×47.5mmで、重量約1.28kg。スリムデザインながら、片手で開けるキックスタンドを設け、設置も簡単だ。ボディカラーはホワイトだが、交換可能な計4色のグリルネットを用意。インテリアや気分に合わせてカラーリングを選べる。

 本体はリチウムイオンバッテリで駆動し、約2.5時間の充電で約10時間の連続再生を実現。LEDバッテリインジケータを設けたほか、スマートフォンへの充電ができるUSB端子も備える。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]