logo

KDDI、最大150Mbpsを実現するLTE技術を導入--国内初

藤井涼 (編集部)2014年04月21日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは、夏を目途にLTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術であるキャリアアグリゲーション(CA)を導入すると発表した。同社によれば、日本国内の通信事業者としては初となるという。

 LTE-Advanced技術の1つであるCAは、複数の周波数帯で同時にLTEのデータ通信を可能とするもの。周波数ごとに受信したデータを足し合わせることで、最大で150Mbpsの高速通信を実現するという。また、周波数の帯域を効率的に利用することで、より安定した通信環境を提供するとしている。

 受信最大速度150Mbps対応の基地局は、CA導入時点で約2500局(2.1GHz帯含む)。2015年3月末には全国約2万局に拡大するとしている。


キャリアアグリゲーションの概略図

 なお、同日は記者説明会も開催された。会見の模様は追ってお伝えする。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]