logo

「Facebook Paper」、最新版がリリース--イベントのリマインダやフォトコメントを追加

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月19日 09時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間4月18日、同社の「Paper」アプリの最新版をリリースし、誕生日やイベントのリマインダのほか、フォトコメントといった馴染みのある機能を新たに追加した。これは、こうしたソーシャルネットワーキングの中心的な機能がスタンドアロンの同アプリでも不可欠だと考えているユーザー向けの追加となっている。

 Paperは、Facebookが2カ月前にリリースした「iPhone」対応のニュース閲覧用アプリだ。製品マネージャーのMichael Reckhow氏の言葉を借りるなら、むしろ「皆さんの1日を準備する」ためのアプリだ。Paperは、Facebookの新たなスタンドアロンアプリ戦略の原型として意図されている。すなわちそれは、「News Feed」、メッセージング、写真、グループといった1つの目的ごとに1つのアプリを提供することであり、同ソーシャルネットワーク上のコンテンツストリームに対して、ユーザーにまったく別の視点を与えるものだ。Reckhow氏によると、Paperを使用しているユーザーは、1日平均80件の記事を閲覧しているという。


提供:Facebook

 最新版の「Version 1.1」では、誕生日やイベントのリマインダが導入されたため、アップデート情報が画面上部の通知メニューに挟まれるようにして表示されるようになり、内容を1回のタップで見ることができる。Reckhow氏は米CNETに対し、ここで重要な点は、初期のユーザーが望む機能をもっと提供することであり、こうしたユーザーはこれらの有用な情報の断片を非常に求めていたと述べた。

 「これまでに多くのユーザーから、Paperを使用しているときに、[誕生日やイベント]情報を手元で確認できるようにしたいという声が上がっていた」(Reckhow氏)


提供:Facebook

 また、ユーザーから必須機能として真っ先に挙げられていたのがフォトコメント機能だ。そこで今回、Paperにカメラボタンが表示され、コメント欄に写真を投稿できるようになった。Reckhow氏は、「フォトコメントは、われわれがしばらく前にFacebookに追加した機能だが、今やユーザーにとって、なくてはならないものであることが分かった」と述べた。

 より一般的な変更点としては、ユーザーがグループのリストをナビゲートする際に、Paperはグループごとに未読記事の本数を表示するようになった。

Facebook Paper
Facebook Paper
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]