logo

モジラ、暫定CEOに元幹部C・ベアード氏を指名

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年04月15日 09時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最高経営責任者(CEO)を務めていたBrendan Eich氏の辞任からわずか1週間余りで、Mozillaは暫定CEOを確保した。

 Mozillaは、ベンチャーキャピタル企業Greylock Partnersの客員経営者(Executive In Residence)であるChris Beard氏に協力を求めた。同氏はMozilla Corporationの取締役にも任命された。

 Beard氏は、Mozillaで最高マーケティング責任者、最高イノベーション責任者、製品担当バイスプレジデントを務めた経験もあることから、Mozillaとの関わりもかなり深い。

 Mozillaの会長を務めるMitchell Baker氏は米国時間4月14日の発表で、これは、新CEO探しに向けた複数のステップにおける第1段階であるとともに、社内統率力の強化を目的とした取締役員の増員でもあるとした。

 Baker氏は用意された声明で、「Mozillaは迅速にかつ決断力を持って行動する必要がある」と述べた。「これは、暫定的であるかどうかにかかわらず、CEOを含むMozillaにおけるすべての指導者にとって重要なことである。Chris(Beard氏)の経験と洞察は、われわれの目標に非常に合致している」(Baker氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]