logo

パナソニック、4K対応「ビエラ」AX800シリーズ5機種を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 上段が「AX800F」、下段が「AX800」

 パナソニックは4月11日、大画面で4K高画質を楽しめる液晶テレビ「VIERA AX800」シリーズを発表した。スタンダードデザインの「TH-58AX800F(58V型)」「TH-50AX800F(50V型)」と、スラントデザインの「TH-65AX800(65V型)」「TH-58AX800(58V型)」「TH-50AX800(50V型)」の5機種をそろえる。5月中旬に発売する。

  • 映像本来の色に迫る「ヘキサクロマドライブ」

 AX800シリーズは、広色域4Kパネルを採用し、パナソニック独自の広色域・忠実色再現技術「ヘキサクロマドライブ」を搭載。原色に加え、中間調の微細な色合いまで描き出し、原画に忠実で高精細な映像を楽しめるとしている。

 「音声タッチパッドリモコン」により、放送や録画番組、YouTubeやアクトビラ動画などの音声検索が可能。音声操作にナビゲーション機能を搭載し、操作に迷った時は発話の例を画面で確認することができる。

 「マイチャンネル」は、テレビ放送のほか、USB HDDやデジタルレコーダー「ディーガ」の録画番組、YouTubeやアクトビラ動画などを横断し、見る人の好みに合わせたコンテンツを一覧表示する機能。テレビに近づくと自動で電源が入り、顔認証を登録した人向けの情報を「インフォメーションバー」で表示する機能も備えている。

 放送番組や本機に接続したUSB HDDに録画した番組を、スマートフォンに転送して視聴することが可能。発売後のバージョンアップにより、録画番組をネットワーク経由で視聴できるDTCP+のリモートアクセス規格にも対応する。

  • TH-58AX800F(58V型、店頭想定税別価格:43万円前後)
  • TH-50AX800F(50V型、店頭想定税別価格:38万5000円前後)
  • TH-65AX800(65V型、店頭想定税別価格:67万円前後)
  • TH-58AX800(58V型、店頭想定税別価格:46万円前後)
  • TH-50AX800(50V型、店頭想定税別価格:41万5000円前後)
 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]