logo

「Google Glass」、1日限定で米国の一般ユーザーに販売へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年04月11日 09時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月10日のスクープ記事を受け、「Google Glass」を4月15日に一般ユーザーに販売する予定であることを認めた(ただしすべての人が購入できるというわけではない)。

 Glassはこれまで、開発者などの業界関係者のみを対象にGoogle Glass「Explorer Program」を通じて提供されていた。Google Glass Explorer Programの参加者募集が開始された時期は、Glassが初めて発表された2012年の「Google I/O」にまでさかのぼる。

 それ以来、既存会員による招待でその同僚や友人がプロトタイプを1500ドル(税抜き価格)で購入できるようにすることで、同プログラムは少しずつ提供範囲を拡大してきた。またGoogleはこれとは別に、「Google+」上のプロモーションを通じてベータテストへの参加希望者を募集している。

 Googleは引き続き、Glass Explorer Programの対象範囲を限定しているが、その門戸を少し開放している。同プログラムへの参加に関心がある人は(上述の高い金額を喜んで支払う必要があるが)、米国太平洋夏時間4月15日の午前6時より登録が可能である。

 Googleは具体的な人数を明らかにしていないが、募集人数には「上限」があると警告した。

 同プログラムは引き続き、米国内でのみ実施される。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]