logo

NTT Com、「Bizデスクトップ Pro Enterprise」を米国の日本企業に提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは4月10日、クラウド型仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ Pro Enterprise」を、米国のプラットフォームを用いて提供することを開始した。

  • 「Bizデスクトップ Pro Enterprise」サービス詳細

 同社によると、米国に展開する日本企業がこのサービスを利用することで、日本国内から海外拠点のPC環境の構築、運用管理を同一のクラウド基盤で実施できるようになり、グローバルレベルでITガバナンスを強化できるという。

 また、米国内でアクセスする場合には、サービスの利用に必要なクラウド基盤への接続回線を無料で利用でき、遅延を抑制した環境の構築が可能になる。デスクトップの仮想化技術にはシトリックスシステムズの「XenDesktop」を採用し、画面転送方式によりPCやタブレットなどのクライアント端末にデータが残ることはないという。

 同社では今後、欧州やアジアでのサービス展開を予定しているとのこと。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]