logo

Dropbox、「Project Harmony」を発表--あらゆるソフトウェアでコラボレーションを可能に

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月10日 08時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--クラウドストレージを提供するDropboxは米国時間4月9日、「Project Harmony」というツールを発表した。Project Harmonyは、Dropboxを利用する編集およびコラボレーションツールを任意のソフトウェアアプリで使用できるようにするもので、まずはMicrosoftの「Office」に対応する。

 Harmonyを使用すると、Dropboxのトレードマークである緑色のチェックマークが「PowerPoint」や「Word」といったアプリ内に表示される。これによって、そのバージョンが、通常のDropboxファイルと同じようにクラウドと正しく同期されているかどうかがわかる。このチェックマークはさらに、他のユーザーが同じファイルを開いたかどうかも示す。また、クリックすると最新バージョンにアップデートしたり、共同作業者とやり取りしたりできる。

 DropboxはProject Harmonyのリリース情報を公表しなかったが、「Dropbox for Business」も一般向けに提供開始したことを明らかにした。これによってユーザーは、個人用ファイルと仕事用ファイルに対してそれぞれ1つのアカウントを持つことができる。Dropbox for Businessの価格は、1ユーザーあたり月額15ドル(最小5ユーザー)のままで、ファイルストレージ容量の上限はない。

Dropboxの最高経営責任者(CEO)、Drew Houston氏
Dropboxの最高経営責任者(CEO)、Drew Houston氏
提供:Nick Statt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]