[ウェブサービスレビュー]PC周りの利用環境を一発で取得できる「ご利用環境チェックツール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WTP企画
内容:「ご利用環境チェックツール」は、サイトにアクセスするだけで現在のPC周りの利用環境を表示してくれるツールだ。OSやブラウザのバージョン、IPアドレスなど12種類の情報を取得して画面上に表示できることに加えて、メールでの送付や、CSVやPDFへの出力も行える。

 「ご利用環境チェックツール」は、サイトにアクセスするだけで現在のPC周りの利用環境を表示してくれるツールだ。OSやブラウザのバージョン、IPアドレスなど12種類の情報を取得して画面上に表示できることに加えて、メールでの送付や、CSVやPDFへの出力も行える。

 使い方はシンプルで、サイトにアクセスするだけ。表示される情報はOS、ブラウザ、Flashそれぞれのバージョンに加え、IPアドレスとホスト名、User Agent、PC内蔵時計の誤差、JavaScriptsやCookieの有効/無効、画面解像度、ブラウザサイズ、モニタ色深度の計12種類に及ぶ。

  • 「ご利用環境チェックツール」トップページ。アクセスするだけで現在の利用環境がわかりやすいアイコンとともに表示される

  • IEを用いた際、画面解像度が正しく取得できないバグがあるのは、同種サービスと同じだ

  • 印刷用にモノクロ表示に切り替えたところ。表組みなのでこちらのほうがわかりやすい

 情報の取得はJavaScriptなどによって行われる。ブラウザ上に表示されることに加えて、メールで相手に送信したり、PDFやCSVで保存することもできるので、誰かに利用環境を知らせる目的のほかに、現在の環境を保存しておきたい用途にも適している。

 同種のサービスとしては、以前紹介した「Support Details」などがあり、JavaScriptを用いて情報を取得する仕組みもほぼ同一だが、本サービスのほうが取得できる情報の種類が多いこと、また表示が日本語であることがメリットだ。ソフトウェアやサービスの操作をサポートする際、本ページを相手に知らせれば、利用環境をすばやく教えてもらうのに役立つので、ブックマークに入れておいて気軽に使うとよいだろう。

  • PDFでダウンロードしたところ。保存目的にはこちらも便利だ

  • CSVでダウンロードしたところ。大量の履歴を管理するのに向く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加