logo

クアルコム、64ビット「Snapdragon」プロセッサ2種を発表--LTE-Advancedカテゴリ6対応

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2014年04月08日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcomm Technologies は米国時間4月7日、高度なLTE技術に対応した、同社製品としては最も高性能の次世代64ビットプロセッサ、「Snapdragon 810」および「Snapdragon 808」を発表した。

 この2製品をもって、スマートフォンやタブレットといったモバイル機器向けの同社64ビットLTE対応チップセットのラインアップが完成するとQualcommは7日に声明で述べた。

 両プロセッサとも、LTE-Advancedのカテゴリ6対応マルチモードモデムを搭載し、理論上は下り最大300Mbps、上り最大50Mbpsの伝送速度を実現する。米国における現行の4G LTE技術は、それよりはるかに遅い速度しか達成していない。

 Qualcommは現在、64ビットプロセッサに全力で取り組んでいるという。

 「今回の発表はQualcomm Technologiesが64ビット技術の牽引に注力していることを裏付けるもので(中略)2014年後半にはさらなる詳細を明らかにする予定だ」と同社は述べている。

 Snapdragon 810は、これまでのSnapdragon製品中で最速となり、CPUは64ビットクアッドコアであるARMの「Cortex-A57」および「Cortex-A53」を組み合わせている。

 また同製品は、Qualcommの新しいGPU「Adreno 430」も採用しているが、これは「Adreno 420」と比較してグラフィックス性能が最大30%高速化し、消費電力は最大20%減少している。

 Snapdragon 810および808のサンプル出荷は2014年第3四半期に開始予定で、搭載製品の登場は2015年上半期になる見通しだとQualcommは述べている。

 Qualcommは2014年に入って、第3世代4G LTEモデムを搭載した64ビット対応の「Snapdragon 610」および「Snapdragon 615」プロセッサを発表している。


提供:Qualcomm

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]