logo

オンデマンド配車のUber、自転車での配達サービス開始を発表

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月08日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは米国時間4月8日、マンハッタンで新しい配達サービスの提供を開始する予定で、乗客だけでなく、ほかのさまざまなものも目的地に届けるという野心に向かって大きな一歩を踏み出そうとしている。

UberRUSHアプリ UberRUSHアプリ
提供:Uber

※クリックすると拡大画像が見られます

 Uberは7日、「UberRUSH」と呼ばれるこのサービスの利用者は、小包の配達を依頼することが可能だと発表した。CNBCによると、配達にかかる時間は通常1時間以内だという。従来型のバイク配達サービスと同様、徒歩やバイクで配達を行うUberの従業員も距離に応じて、15〜30ドルの料金を請求する。同サービスは24時間年中無休で、将来的にほかの都市へのサービスエリア拡大も予定されている。アプリでは、配達を依頼できるほか、送り主と受取人の両者が荷物の配送状況を追跡することも可能だとCNBCは報じた。

 既にアイスクリームやバレンタインデーのバラ、クリスマスツリーを特別に配達する販売促進キャンペーンを試験的に行っていたUberが配達にかける野心を示唆したのは、2013年12月のことだった。

 Uberの最高経営責任者(CEO)であるTravis Kalanick氏はパリで開催されたLeWebで、「当社は現在、5分で配車するビジネスを行っている。5分で配車するビジネスに身を置けば、5分で提供できるものは数多くある」と述べていた。

提供:Uber
提供:Uber

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]