logo

米国のLTE、サービス提供エリア拡大も速度低下--OpenSignal調査

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年04月02日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国における大手通信キャリア4社の契約者から収集されたデータによると、過去1年でLTEサービス提供エリアは広がったものの、4Gネットワークのデータ転送速度は低下したという。

 サービス提供エリアを可視化するアプリの提供元であるOpenSignalによると、過去3カ月ではT-Mobileのデータ転送速度が最も速く、平均で11.5Mbpsだったという。2位はAT&Tで9.1Mbps、3位はVerizonで7.8Mbps、4位はSprintで4.3Mbpsだ。

 ただし、OpenSignalのアプリを利用している10万3025人のユーザが測定したデータによると、そのデータ転送速度はここ1年で低下してきているという。

提供:OpenSignal
T-Mobileが赤紫、AT&Tが青、Verizonが赤、Sprintが黄色で示されている。
提供:OpenSignal

 OpenSignalは同社サイトで「通信キャリアは絶えずテクノロジの向上に取り組むとともに、新たなエリアへの展開を拡大している一方、ユーザーによるLTEネットワークの利用が増えることによる負荷の高まりにより、そうした改善が相殺されているところがある」と記すとともに「その結果、4大ネットワークすべての接続速度は過去1年において低下傾向を示すことになった」と記している。

提供:OpenSignal 提供:OpenSignal
※クリックすると拡大画像が見られます

 米国は4Gを導入したことでモバイルネットワークの先駆者である欧州を追い越したが、コンシューマーにとってのメリットと、通信キャリアにとっての高いコストがせめぎ合っている状態だ。例を挙げると、Verizonは2014年に165億ドルから170億ドルの設備投資を行う計画だという。こうしたコストと、無線周波数帯域の高額なライセンス料によって、通信キャリアの統合に向けた動きが加速しており、その例として、失敗に終わったAT&TによるT-Mobileの買収や、T-Mobileの買収に向けたSprintの現在の取り組みが挙げられる。

 OpenSignalによると、LTEが利用可能な時間の割合(ユーザーが実際に携帯電話を使っている場所におけるカバレージの指標となる)では、Verizonが83%でトップの座に就いたという。2位はAT&Tで71%、3位はT-Mobileで61%、4位はこれまたSprintで57%となっている。

 またOpenSignalによると、LTEの利用時間は過去1年で着実に伸びているという。

提供:OpenSignal
LTEが利用可能な時間の割合は過去1年で着実に伸びている。T-Mobileが赤紫、AT&Tが青、Verizonが赤、Sprintが黄色で示されている。
提供:OpenSignal

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]