ソニー、ハイレゾ対応コンポにネットワークプレーヤーを追加--中級機スピーカも

加納恵 (編集部)2014年03月19日 13時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」とスピーカシステム「SS-HW1」

 ソニーは3月19日、ハイレゾ音源再生に対応した単品コンポに、マルチオーディオプレーヤーシステム「MAP-S1」(店頭想定税抜価格:6万5000円前後)と、スピーカシステム「SS-HW1」(同:5万6000円前後)を追加した。いずれも4月19日に発売する。

 ソニーでは、ハイレゾ対応の単品コンポとしてHDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」、プリメインアンプ「TA-A1ES」など、現在6モデルを発売中だ。一方「ウォークマン ZX1」など、ハイレゾ対応のポータブルオーディオプレーヤーも好調に推移しており、今回のラインアップ拡充は、ポータブルのハイレゾユーザーをホームユースに誘引することが狙い。

 MAP-S1は、CDプレーヤーにWi-Fiを内蔵したネットワークプレーヤー。DLNAとAirPlayに対応し、ホームネットワーク内にあるPCやスマートフォン内の音楽ファイルを再生できる。

 高音質デジタルアンプ技術「S-Master」をハイレゾ対応にした「S-Master HX」を内蔵し、DSD、リニアPCM(WAV、AIFF)、MP3、WMA、AAC、FLAC、ALAC、ATRACの再生が可能。USB DACを内蔵し、専用のUSBドライバをインストールしたPCと接続すれば、DSD方式のハイレゾ音源再生もできる。

 CDや圧縮音源を高音質化する「DSEE HX」を備え、高音域を補完することで、ハイレゾ相当の音質再現を実現。サンプリング周波数とビットレートの本来の数値より高めることで、クリアで躍動感のあるサウンドを再現するとしている。

 FM、AMチューナに加えて、radiko.jp、tuneinなどのネットラジオの聴取も本体のみで受信が可能。USBメモリやウォークマンを接続すれば、CDやFM/AMラジオ(インターネットラジオは不可)を録音することもできる。

 あらゆるコンテンツの整理、転送ができるアプリ「Media Go」に保存されているハイレゾコンテンツをネットワーク経由で再生することも可能。各種操作は、モバイルアプリ「SongPal」を使うことで快適に操作ができる。

  • 「MAP-S1」

  • 天面にNFCを備える

  • リアパネル

 SS-HW1は、広指向性のスーパートゥイータを搭載したハイレゾ再生スピーカだ。130mmのコーン型ウーファと25mmのソフトドーム型トゥイータ、19mmのソフトドーム型スーパートゥイータを備える。スーパートゥイータを前面と上面に配置することで、広いエリアでハイレゾ音源など高音質再生が楽しめる。

 筺体にはリアルウッドを採用。ピアノ塗装を施し、経年変化や気候変化に左右されにくい安定した響きを実現するとしている。

  • 「SS-HW1」

  • スーパートゥイータ

  • バスレフ型になる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加