モトローラ、「Android Wear」搭載スマートウォッチ発売を表明--「Moto 360」を今夏に米国で

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年03月19日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorola Mobilityは「Moto 360」でウェアラブルデバイスの外見に魅力を取り戻そうとしている。

 Motorolaは米国時間3月18日、Googleの「Android Wear」を採用予定のハードウェアパートナーの仲間入りをすることをブログ投稿で認めた。Android Wearは「Android」をウェアラブルデバイス向けに改変したOSだ。MotorolaはMobile World Congressでのプレスカンファレンスで、スマートウォッチを構築する計画があることを明かしていた。

 そのスマートウォッチがMoto 360で、同社は2014年夏にまず米国で同スマートウォッチを発売する予定だと述べた。Motorolaは詳細な写真を公開していないが、同デバイスは本物の腕時計のように見える。同社は、円形の文字盤と上質な素材を採用することをアピールした。

 Motorolaによると、Moto 360の画面には電子メールや不在着信、カレンダーに登録した予定に関するアラートが表示されるという。Android Wearを搭載するほかのデバイスと同様、「OK Google」という音声コマンドに反応する。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加