サムスンら、アプリ開発人材育成講座「Tech Institute」を開講--20歳まで無料で

坂本純子 (編集部)2014年03月18日 19時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子ジャパンは、若者のアプリ開発人材を育成するプログラム「Tech Institute」を開始したと発表した。

 サムスン電子がグローバルで展開する社会貢献活動の一環として行うもの。サムスン電子の寄付をもとに運営され、早稲田大学EXセンターが監修、角川アスキー総研はカリキュラムや教材の開発を担当する。

 まずは7月より、早稲田大学EXセンター中野校にて、全65回、130時間のAndroid用アプリ開発者養成講座を開講する。定員は50名で、書類審査と面接で選抜する。応募期間は5月9日まで。エントリーシート、作文、企画書などの提出が必要になる。詳細はウェブサイトに記載されている。

 授業は、Android用アプリの入門から応用まで、6カ月間(全65回・130時間)、夜間(19時~21時)の授業を予定。対象者は16歳以上で、若者のアプリ開発人材育成と就労支援の観点から16歳~20歳の受講料は無料、21歳以上は7万円としている。なお、2015年以降は年間100名の育成を計画しているという。

 このほか、実践力を養うオープンセミナー「ビジネス実践講座」も開設する。アプリの最新トレンドやビジネスノウハウ習得、アプリ業界人脈構築などの起業・就労支援を目的としたオープンセミナーで、一般参加も募り、6カ月間で全6回、計12時間の授業を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加