米グッドイヤー、45年ぶりに次世代飛行船を公開--名称は一般公募で

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年03月15日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Goodyear Tire and Rubberは米国時間3月14日、45年ぶりに次世代飛行船を公開した。

 新しい飛行船は、オハイオ州アクロン近郊にあるGoodyearのウイングフットレイク工場で約1年かけて建造された。

 ドイツのZLT Zeppelin Luftschifftechnikが設計したこの新しい飛行船は、速度と効率性が向上し、操作性にも優れている。近年の景気後退を受けて事業を停止するまで、Airship Venturesがサンフランシスコ近郊のモフェットフィールドを基地にして、カリフォルニア州を中心に米国の空を飛行させていた飛行船と同じタイプだ。

 新しい飛行船は、全長が246フィート(約75m)で、Goodyearの前世代の飛行船「GZ-20」より50フィート(約15m)長い。同社は、この飛行船を新しい配色で華やかに飾っているが、もちろん、銀色の気嚢に青色と黄色を用いた伝統的なブランド表記はそのままだ。また、同社が1925年から採用してきた手動の飛行システムではなく、最先端の航空用電子機器と飛行制御システムを採用している。現在の飛行船の最高時速が時速50マイル(約80km)なのに対して、新しい飛行船はそれよりもずっと速い時速73マイル(約118km)の最高時速を実現できる。Goodyearによると、そのおかげで、これまでの飛行船より多くのイベントに対応できるという。

 新しい飛行船を公開した今、命名が必要なことから、Goodyearは協力を求めている。18歳以上の米国在住者なら誰でも名称公募に参加できる

Goodyearの新しい飛行船。同社としては、45年で初めての新しい設計の飛行船となる。
Goodyearの新しい飛行船。同社としては、45年で初めての新しい設計の飛行船となる。
提供:Goodyear

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加