FacebookのザッカーバーグCEO、オバマ大統領に電話でNSAへの不満表明

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年03月14日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏が、米国家安全保障局(NSA)の監視プログラムについて、一線を越えた行為だと考えていることは周知の事実だが、同氏は米国時間3月13日、国の最高司令官に直接不満を訴えたことを明らかにした。

 Zuckerberg氏は自身のFacebookページへの投稿で次のように述べた。「(Barack)Obama大統領に電話をして、われわれの未来全般に政府が損害を与えていることへの不満を伝えた。残念ながら、真の全面改革には非常に長い時間がかかるようだ」

 Zuckerberg氏のこの投稿の前日には、Edward Snowden氏が内部告発によってリークした新たな文書で、NSAが数百万台規模のコンピュータをハッキングするための自動システム「TURBINE」を利用していることが明らかになったと報じられた。The Interceptによると、NSAはターゲットのコンピュータを感染させるために偽のFacebookサーバを装うことさえしたという。

 Zuckerberg氏は投稿の中で、Facebookとしては「インターネットの強さを維持」したいため、自社ネットワークのセキュリティを確保するとともに、他社のサービスの欠陥を見つけるよう取り組むことにエネルギーの大半を傾けると述べている。だが、Zuckerberg氏は、米政府がこうした善意をことごとく踏みにじっているとの思いをにじませている。

 「私は、米政府の行為について繰り返し伝えられる報道に非常に困惑し、いら立ちを覚えている。当社のエンジニアたちがセキュリティを向上させるため懸命に取り組むとき、われわれは皆さんを犯罪者から保護することを想定しているのであって、われわれ自身の政府から保護することを想定しているのではない」(Zuckerberg氏)

 Zuckerberg氏は、2013年夏にSnowden氏がNSAによる極秘のデータ収集や監視行為を暴露して以来、NSAへの不満を繰り返し表明している。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加